'

ハマスホイとデンマーク絵画展@東京都美術館

ハマスホイとデンマーク絵画展@東京都美術館

ヴィルヘルム・ハマスホイと19世紀のデンマーク絵画

デンマークを代表する画家ハマスホイと、デンマークと日本の外交史上日本ではじめての本格的な紹介となる19世紀デンマーク名画を紹介する展覧会のテープカットが行われました。 「ハマスホイとデンマーク絵画」と題されたこの展覧会では、同時代の著名なデンマークの画家による80以上の絵画も展示されています。 展覧会は、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、読売新聞社が主催。会場である東京都美術館で1月20日に開催されたオープニングセレモニーには、50人近くの参加者がジャーナリストやデンマーク大使館から参加した大使と共に出席しました。 オープニングセレモニーに来賓として参加した駐日デンマーク大使からは「この展覧会は、デンマークと日本2か国の強い結びつきの証です」と、開会の挨拶がありました。

日本で人気を博すデンマークの巨匠、ヴィルヘルム・ハマスホイ

今回展覧会のタイトルにもなっているヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)は、作家に背を向けてやわらかい色調のインテリアの中に立つ彼の妻を描いた油絵の作品で広く知られています。静かな部屋とインテリアの描写で「北欧のフェルメール」とも称される作家です。 ハマスホイは長年目立つことがありませんでしたが、パリのオルセー美術館とニューヨークのグッゲンハイム美術館での展覧会で注目を浴び、1990年代から再び脚光を浴び始めました。 日本では2008年に初めて展覧会開催後人気が高まり、19世紀デンマーク絵画の流れのなかでハマスホイを紹介するのは、今回の東京都美術館での展示会が初めてとなります。 展覧会では、ハマスホイの作品に加え、気品ある女性二人が暖かい夕陽の中で海岸を散歩している「スケーイン南海岸の夏の夕べ」で有名なピーザ・スィヴェリーン・クロイアを始めとする、19世紀の著名なデンマーク画家の絵画も楽しむことができます。 展覧会は、2020年1月21日から3月26日まで東京都美術館にて開催されています。

展覧会公式サイトのリンクはこちらからご覧頂けます。

Vilhelm Hammershøi and Danish Painting of the 19th Century 

The ribbon of the first major exhibition on the Danish painter Hammershøi in the diplomatic history between Denmark and Japan was just cut. Titled ‘Vilhelm Hammershøi and Danish Painting of the 19th Century’, the exhibition featured more than 80 paintings by remarkable Danish painters from said era. A good 50 members of the public along with journalists and representatives from the Danish Embassy in Tokyo attended the opening of the exhibition, which took place on the 20th of January at Tokyo Metropolitan Art Museum. Besides the hosting museum, the event was organized by Japanese newspaper Yomiuri Shimbun and Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture. “This exhibition is a testimony to the strong ties between Denmark and Japan,” was the opening remarks of the Ambassador of the Danish Embassy, who was the guest of honour at the ceremony.

Painter has gained popularity in Japan

The main name at the event was Vilhelm Hammershøi (1864-1916), who is widely renowned for the oil paintings of his wife depicted in subdued interiors with her back turned to the painter. The painter’s depictions of tranquil room interiors has earned him the title “the Vermeer of the North”. Hammershøi went under the radar for many years, but due to the attention given to him at a string of major exhibitions at Musée d’Orsay in Paris and the Guggenheim Museum in New York, the painter has returned to the limelight since the 1990’s. His popularity increased massively in Japan after a retrospective held in the country in 2008, however the exhibition at Tokyo Metropolitan Art Museum will be the first comprehensive survey of Vilhelm Hammershøi in Japan. Along with his work, visitors can enjoy a careful selection of other prominent Danish 19th century painters such as P.S. Krøyer, best known for his ‘Summer Evening on Skagen’s Southern Beach with Anna Ancher and Marie Krøyer’, in which two distinguished women stroll along the coast in the warm evening sun. The exhibition runs from January 21st till March 26th 2020.