'

ノームアーキテクツ Frederik Wernerインタビュー / Interview with Frederik Werner, designer, Norm Architects

ノームアーキテクツ Frederik Wernerインタビュー / Interview with Frederik Werner, designer, Norm Architects

日本の住宅にシームレスに馴染むデンマークデザインのインテリア

シンプルで正直、そして人間中心に据えたデンマークザインは、とても自然に日本人に語りかけるのだと思います。日本で活躍するデンマークの建築事務所の共同経営者が信じるものとは

デンマークと聞いて、地球の裏側にある北欧の小国であるこの国に暮らす人々の住まいの空間作りが、日本の住まいにおける空間作りと驚くほど近いものだと思いつく人は、あまり多くないかないかもしれません。しかし、長く使う事ができ、そしてよく考え抜かれたプロダクトは、日本とデンマークの両国のデザインに共通した価値観と言えると思います。

デンマークの建築事務所、ノームアーキテクツが日本のマーケットに注力している背景には、こうしたデザインに対する価値観や好みにおける両国の共通点があります。ノームのデザイン美学は、日本の消費者が理想の住宅を作ろうとするときに重視する優先事項や価値観と、とても上手く調和しているようです。

「ノームアーキテクツでは、“ソフトミニマリズム”と呼んでいる哲学を持って仕事をしています。ここで何よりもまず大切なのが、オブジェ、家具、建築、環境のデザインを手がけ、手がけるデザインは、シンプルで手触りが良く、静けさをもった、自然の素材を用いて作られ、人間が中心に据えられてるという点です。」ノームアーキテクツのデザイナー兼アソシエイトパートナーのフレデリック・ワーナー(以下フレデリック)は、こう続けます:

「素材、カラー、手触りが重視されるシンプルなデザインというのは、日本の消費者に非常に自然に語りかけるものだと信じています。デンマークと日本には、ともに古くからクラフトマンシップの伝統があります。良くデザインし、良く作られ、そして耐久性のあるプロダクトによって日常の生活の質を向上させることを目標としてきたことも、両国のクラフトマンシップに共通してみられるものです。」

日本国内でのノームアーキテクツの新規プロジェクト

ノームアーキテクツは現在日本のパートナー企業と共に、未発表プロジェクトに取り組んでいます。今回は、その詳細を少しだけ教えてもらいました。

フレデリックによると、スタジオはこの2月に、日本の家具ブランドであるAriakeからラウンジチェアとダイニングテーブルを発表予定です。日本とデンマークデザインの伝統の融合が、新たな家具を通してはっきりと見ることができるとフレデリックは話します。

さらにノームは、カリモクケーススタディとのコラボレーションプロジェクトもいくつか進めています。このカリモクケーススタディは、ノームが日本人デザイナー芦沢啓治氏とデンマークのデザイン会社Kontrapunktと開発を続けてきた日本のブランドです。

「カリモクとは、東京の大きなアパートを建て直したり、インテリアを共に手がけています。このプロジェクトでは、新たなプロダクトや家具の商品開発も行っており、これらの製品はフルコレクションの中でフィーチャーされています」とフレデリックは語ります。

この他、数年先には、ノームは日本国内で2つのホテルプロジェクトとレストランのプロジェクトに取り掛かろうとしています。この詳細についての公開はもう少し先になりそうです。

デニッシュと日本のデザイン要素の融合

近年のノームの日本における成功は、ただの偶然ではありません。ここ数年、日本におけるデンマーク企業は連続して多くの成果を残しています。

日本国内では、ノームはこれまで主に有名な家具ブランドであるAriakeとカリモクと協働して来ました。Ariakeとのワークショップの中で、彼らは芦沢啓治氏と出会い、以来、芦沢氏を通じて複数のコラボレーターに紹介されて来ました。

ノームアーキテクツがAriake向けににこれまで開発してきたデザインには、‘ブレイド(組紐)’と‘アウトライン’のコレクションがあります。この2つのコレクションはどちらも、日本とデンマーク両国の伝統的なデザインへのこだわりを兼ね備えています。

「‘ブレイド(組紐)’コレクションでは、例えばハンス・J・ウェグナーのYチェアに見られるような、デンマークの伝統的なペーパーコードのチェアから強くインスピレーションを受けました。しかしながら、同時に、障子や格子などに使われる半透明の要素や、畳のパターンからもインスピレーションを受けています。これらの要素を用いることで、私たち両国の文化的遺産と伝統のストーリーを伝えるデザインのディテールを守りながらも、新しい方法で素材を組み合わせることができたのです」とフレデリックは話します。

プロダクトは全国展開

また、芦沢啓治氏との別のコラボでは、カリモクによるもう一つのプロジェクトとして、砧テラスを作り上げてきました。

ノームアーキテクツはこの砧プロジェクトでは、東京、世田谷区の2つの集合住宅の空間リノベーションを手掛け、このインテリアリノベーションの為に特別に制作された12個の家具は、現在全国のカリモク店舗にて販売されています。

ノームはまた、東京、秋葉原近く末広町にある伝統的な古民家を改装したレストランKufuku (暮富食)にも、チェアとバースツールを提供しています。

デンマークデザインが日本の美学に訴えるもの

では、ノームアーキテクツはどのようにして日本のプロジェクトやコラボレーションを実現させてきたのでしょうか?

フレデリックによると、彼の建築事務所が日本に温かく受け入れられた理由に、日本でデンマークの伝統的なデザインの人気が高いということが挙げられます。

「私たちが作るプロダクトは、いつも天然の素材やカラーを使用しています。それが、日本人の美学にも訴えかけ、今私たちが経験している成功にも繋がっていると思います。」フレデリックはさらにこう続けます。

「ノームの美学の世界観は、デンマークの伝統的な木工家具作り、そして1950年代から知られるデンマークの家具のクラシックと呼ばれる家具の数々がベースになっています。その当時に作られた家具は、今日では世界的にもアイコニックな家具と捉えられています。今から我々の家具の伝統を再定義するのではなく、伝統を生かし続け、現代のニーズにも応えられることを目指しています。」

顧客との関係が導く先

それでも、デンマークと日本のデザインの共通点だけで、ノームアーキテクトがこれまでの成功を築いて来ることはできませんでした。

建築事務所の日本における認知度を上げるのには、大変な努力が必要でした。顧客との関係性こそが、成功には不可欠とフレデリックは話します。

「私たちは顧客とも親密な関係性を築けることを、常に信じています。だからこそ、コラボレーション先とのワークショップや工場見学を重視しています。そうすることで我々も顧客とより緊密な関係性を築くことができ、彼らもまたプロダクトの生産方法、技術、長所短所、そして使い手のニーズをより深く理解できるようになります。こうしたことは、私たちが参加するブランドを構築していくのにも役立ちますし、今後起こりうる挑戦や可能性も照らし出してくれます。」とフレデリックは語ります。

Interview with Frederik Werner, co-owner of Norm Architects

Danish interior design seamlessly blends into Japanese homes 

Simple, honest and human-centered Danish design speaks to the Japanese in a very natural way, believes co-owner of Danish architect studio prospering in Japan. 

When you think of Denmark, a small Scandinavian country on the other side of the world, you probably would not imagine the Danes’ way of decorating their living spaces to be strikingly be similar to the Japanese. Nevertheless, a shared fondness of durable and well considered products characterise the ethos of both Japanese and Danish Design.

These similarities in design preferences may offer an explanation as to why Danish architecture studio Norm Architects continues to thrive in the Japanese market. Norm’s design aesthetics would seem to align well with what Japanese consumers prioritise and value when decorating their dream home.

“We work with a philosophy that we call ‘soft minimalism’. Most of all, it means that we design objects, furniture, architecture and environments that are simple and tactile, produced in calm, natural materials with the human at the centre,” says Frederik Werner, designer and associate partner at Norm Architects, he continues:

“I definitely think that simple design in which materials, colours and tactility take priority speaks to the Japanese in a very natural way. In Denmark and Japan alike, we have a long tradition of craftsmanship with the goal of improvingdaily life with the help of well-designed, well-produced and durable products.”

Norm lines up several new projects in Japan

Together with their Japanese partners, Norm Architects have a few unannounced projects in the pipeline, and they are willing to reveal a few details already.

In February, the studio will launch a lounge chair and dinner table commissioned by Japanese furniture brand Ariake. The fusion of Japanese and Danish design traditions will shine through in the new furniture pieces, according to Frederik Werner. 

Furthermore, Norm is currently working on a few projects in collaboration with Karimoku Case Study, a Japanese brand they have been developing with Japanese designer Keiji Ashizawa and Danish bureau Kontrapunkt. 

“For Karimoku, we are working on rebuilding and decorating a large apartment in Tokyo. The project will entail the development of a range of new products and furniture pieces. These will be featured in the full collection,” says Frederik Werner.

Looking a few years into the future, Norm will also be lifting the veil on two hotel projects and a restaurant in Japan, the finer details of which cannot yet be disclosed.

Danish and Japanese design elements intertwine

The success Norm is currently enjoying in Japan isn’t just a fling. Over the past few years, the Danish company has experienced a string of accomplishments in Japan.

In Japan, Norm has primarily worked with renowned furniture brands Ariake and Karimoku. During a workshop with the former, they met Keiji Ashizawa, who has sinceintroduced them to several collaborators in Japan.  

The designs that Norm Architects have so far developed for Ariake consist of the ‘Braid’ and ‘Outline’ collections. Both carry details from Japanese as well as Danish design traditions.

“In the Braid collection, we’ve been strongly inspired by classical paper braided chairs, for example the Danish Y-chair. However, we were also inspired by the half-transparent elements in shoji screens and window slats as well as by the patterns in Japanese tatami mats. Using those elements enabled us to combine the materials in a new way while still preserving design details that tell a story about their cultural heritage and tradition.” says Frederik Werner.

Selling their products country-wide

In collaboration with Keiji Ashizawa, Norm Architects have recently created the Kinuta Terrace – another project commissioned by Karimoku. 

For Norm Architects, the Kinuta project has involved the renovation of the interior in two apartments in Setagaya, Tokyo and the creation of 12 tailor-made furniture pieces to furnish it. These pieces made by Norm Architects are now available in Karimoku stores across Japan.

Norm have also provided a chair and barstool to The Kufuku restaurant located in a newly renovated traditional Japanese house in Akihabara, Tokyo. 

Danish design appeals to Japanese aesthetics

How have Norm Architects managed to have collaborations and projects in Japan?

According to Frederik Werner, the reason his architectural office has been met with such warm reception in Japan is to be found in the country’s infatuation with traditional Danish design.

“The products we create are usually made using natural materials and colours, which I think appeals to Japanese aesthetics and has helped create the success we are currently experiencing in Japan,” says Frederik Werner, and continues: 

“Norm’s aesthetic universe is based on the Danish tradition of carpentry as well as the Danish furniture classics known from the 1950’s. The furniture pieces created in that era are now considered design icons globally. We don’t attempt to redefine our furniture tradition, but aspire to instead keep it alive to accommodate modern needs.”

Customer relations get you far

The success that Norm Architects have enjoyed in Japan, cannot however be attributed exclusively to similar taste in design among the Danish and the Japanese.

The architectural office has worked hard to gain popularity in Japan, and according to Frederik Werner customer relations get you far in Japan:

“We have always been convinced that our customers can also be near relations, and therefore we encourage workshops and factory visits in order to get close to our collaborators and for them to better understand production methods, skills, pros and cons and user needs. This helps build the brands we are a part of and spot possible challenges and possibilities,” he says.

Kinuta Terrace: the starting point and first case for Karimoku Case Study. The interiors are created in collaboration with Keiji Ashizawa and the furniture has been developed for this exact project, but is then put into production afterwards. Offering them for the public.
The apartment is located in Kinuta, Tokyo.
Photos: Jonas Bjerre-Poulsen / Norm Architects


Karimoku Case Study: We traveled in Tokyo and Kyoto where we did a workshop, creating the brand concept and furniture designs.
Photos: Jonas Bjerre-Poulsen / Norm Architects

Kufuku Restaurant: Outline Dining chair and Bar stools are designed by Norm and produced by Japanese brand Ariake Collection.
Restaurant design : Keiji Ashizawa
Photos: Jonas Bjerre-Poulsen / Norm Architects
The Archive: We just launched, during Stockholm furniture fair – two new furniture with Japanese brand Ariake – “Summit” lounge chair and “Lattice” dining table.
Photos: Andy Liffner / @andyliffnerphotography