'

デンマークのインテリアデザイナー、Mette Fredskild氏の日本からの影響についてのインタビュー / Interview with Danish interior designer Mette Fredskild on her Japanese influence

デンマークのインテリアデザイナー、Mette Fredskild氏の日本からの影響についてのインタビュー / Interview with Danish interior designer Mette Fredskild on her Japanese influence

Mette Fredskild氏はデンマーク出身の建築家兼インテリアデザイナーです。彼女は日本で経験を得たのち、2006年からは自身のインテリアデザイン会社の代表を務めています。日本に滞在中は、建築家・山下雪慶氏のもとで経験を積み、東京工科大学で学んだ後、さらにCesar Pelli Architects & Associates (東京)に勤務しました。 彼女のインテリアデザインの作品は、デンマークをはじめ、北欧諸国、ドイツ、スペインでも体験することができます。 Mette氏が駐日デンマーク大使館に訪れた際、私たちは彼女自身について、そして彼女が感じている日本のインスピレーションについて話すことができました。

初めて日本に来たきっかけは何ですか?

Mette Fredskild: 当初は、日本の昔ながらの伝統である数寄屋造りの茶屋風の建築に興味を持っていたので、勉強したかったのですが、そのためにはお金が足りませんでした。代わりに、私は日本で建築家として研修生の仕事に就き、私の研究の最後の2年間には東京工業大学で学ぶことができました。最終的には、それは私にとって学びの重要な2年間だったと思います。

日本のお茶に関する建築は、建築の背後にある美学と哲学が影響しており、それは非常に興味深く刺激的です。 「わびさび」という言葉は最近とても人気があり、デザイナーがよく使う言葉です。その言葉に私は30年も前から魅了されていました。ミニマルで控えめなスタイルと、それを誇示することなく細部まで非常に豊かに作られていることに興味をそそられました。それは私にとって非常に刺激的であり、多くのデンマークの建築家やデザイナーにとっても同じであったと思います。

デンマークと日本の美学には多くの類似点があると思います。それが、お互いの建築を非常によく理解し、感じることができる理由かもしれません。主な共通点は、シンプルさ、職人技の伝統、そして素材へのこだわりです。だからこそ、日本の部屋、寺院、茶屋、さらには伝統的な日本のデザインを取り入れたモダンなお店にも、存在感を感じるのだと思います。 私にとって日本にいることは、常にとても刺激的です。私は物事をきちんと行い、細部までこだわりたい、という衝動を感じます。日本では、素材や部屋を直接的に、そして率直に体験することができます。日本では、素材、部屋、建築を正直に、そして純粋に体験することができます。

インスピレーションを与えてくれた日本の建築家やデザイナーはいますか?

Mette Fredskild: 30年前に初めて日本に来たときは、駐日デンマーク大使館を設計した槇文彦氏が、実は私にとって最も刺激的な建築家の一人でした。 最近はNendo(ねんど)、SANAA(サナア)、谷口吉生氏などからインスピレーションを得ていますが、その他にもいいものがたくさんあります。

私は、Nendoの建築家やデザイナーが常にすべてにおいて問いかける、という手法が好きです。たとえば、椅子は単なる椅子ではありません。彼らは基本に戻って分析し、当たり前のことを何も考えず、熟考し始めます。 彼らは、蓄積された知識をいったん置いておき、椅子の各要素を「椅子とは何か? 椅子には何ができるか?」と問いかけながら、自由に再考します。私は、彼らの物事をひっくり返し、椅子やテーブルの新しいスタイルを思いつくことができるこの方法に感激しました。私たちの生活は常に変化しているので、時々この方法を採らなければならないと思います。50年前の椅子はもう椅子ではないかもしれません。デザイナーは私たちを取り巻く社会のニーズに合わせて成長しなければなりません。例として、人々はあまりもう座ってテレビを観たくないかもしれませんが、その代わりに手持ちの機器で何かを観る傾向があります。人生は変化しているので、私たちを取り巻くものも変化するはずです。

デンマークのインテリアデザイン会社で、今日の日本の知識とインスピレーションをどのように活用していますか?

Mette Fredskild: 日本とつながりが深いため、よく日本のスタイルのデザインをつくるのかと聞かれます。もちろん、日本で長年過ごしたことは私に大きな影響を与えたと思います。ですが、私は日本のデザインをしていると言うのとは少し違うと思います。私は素材、質感、そしてシンプルさを目指していることに魅了されています。目に見える影響もあると思いますが、結局は自分のデザインを作ってい。

例として、私は現在、バジェットホテルチェーンのZleepHotels向けにさまざまなホテルを設計に取り組んでいます。この企画のデザインするときには、常にno-nonsense(ノンセンスのない)スタイルを選ぶようにしています。すべてのアイテムが機能を備え、また出来るだけ少ない材料は使うようにしています。この点で、私は日本からいくつかのインスピレーションを確実に得ていると思います。

日本人はデンマークのデザインと建築にどの程度興味がありますか?

Mette Fredskild: 日本人がデンマークのデザインにもっと興味を持っているのか、それともその逆なのかはわかりません。日本のデザインにインスピレーションを得ているデンマークのデザイナーが他にももっといるかもしれません。最近、日本に引っ越したり、日本に行くということがブームになっています。特にデザイナーや建築家だけでなく、一般の人々も日本のデザインに非常に大きな関心を持っています。

それは、なぜか非常に親しみやすく、同時にとても新しいと感じているからだと思います。実際に日本にいる場合は特にそう感じます。多くの点で文化は異なりますが、デザインと表現はデンマーク人にとって非常に受け入れやすく、理解しやすいものです。このように、両国のデザイン言語はどういうわけか非常に馴染みがあるように感じます。

デンマークのデザイナー/建築家は日本市場にどういったことを提案して行かなければならないと思いますか?

Mette Fredskild: 私は、日本の若い世代はすごく上手くやっている気がするので、自分自身に対しても同じ問いかけをするようにしています(笑)。私たちは同じような美的な考え方を持っているので、私たちの異なる文化的背景が、双方からインスピレーションをもたらすことができると私は考えています。たとえば、デンマークには建物の改修と再利用の長い歴史があり、一方で日本人は建物を建て替えてきました。しかし、最近では日本の一部の人々も古い家を改築し、それらの美しさを見い出だし始めています。日本人はこのようなプロジェクトをうまく進めていますが、これに関してデンマーク人が支援できることは間違いなくあると思います。

もっと日本に関するプロジェクトを自分でやりたいと思っています。

Mette Fredskild is a Danish architect and interior designer who have worked and studied in Japan and has been head of her own interior design company since 2006. During her time in Japan she worked for Japanese architect Yamashita Sekkei and studied at Tokyo Institute of Technology before working at Cesar Pelli Architects & Associates in Tokyo. Her interior design work can be experienced in a wide range of Danish contexts as well as in the Nordic countries, Germany and Spain. When Mette came by the Danish Embassy in Tokyo we sat down and talked with her about her Japanese inspiration.

What brought you to Japan the first time?
Initially, I had an interest in the old Japanese tradition of sukiya – the traditional teahouse style architecture, which I wanted to study, but I could not raise the money for it. Instead, I got a trainee job as an architect in Japan, and in the end, managed to enter the Tokyo Institute of Technology for the last two years of my studies, which turned out to be the greatest part of my education.

The Japanese tea style architecture is very interesting and inspiring, because of the aesthetics and the philosophy behind the architecture. These days the word wabisabi has become very popular and designers use it a lot, this was what I was fascinated by thirty years ago. I was intrigued by the minimalistic, understated style, and how it could be very rich in detail without showing off. It was very inspiring for me, and I think it has been so for many Danish architects and designers.

I think Danish and Japanese aesthetics have many similarities and that is probably why we can understand and feel each other’s architecture so closely. The main commonalities are the simplicity, the tradition of artisanship, and the attention to materials. That is why you feel so present being in some Japanese rooms, temples, tea houses, or even modern shops with a traditional Japanese touch. For me it is always very inspiring to be in Japan – I feel an urge to do things very properly and focus on the details. In Japan, I get an honest and pure experience from the materials, rooms and architecture.

Do you have any Japanese architects or designers, that have inspired you?
When I first came to Japan 30 years ago, Maki Fumihiko who designed the Royal Danish Embassy was actually one of the most inspiring architects for me. These days I draw inspiration from Nendo, SANAA, and Taniguchi, and many more – there are so many good ones.

I like how the Nendo architects and designers always question everything. For example, a chair is not simply a chair. They analyze completely back to basics, take nothing for granted and start to ponder; “What is a chair? What can a chair do?” They freely rethink each element of the chair without all of the built-up knowledge everybody has carries around. It is very inspiring how they are able to turn things upside down and come up with a new take on a chair, a table, or a lamp. I believe we are obliged to do this exercise occasionally because our lives are always changing, so a chair fifty years ago might not be a chair anymore. Designers have to develop along with the needs of the society around us. As an example, people might not want to sit and watch TV anymore, but rather tend to watch something on a handheld device. Life is changing so the things that surrounds us should also change.

How do you utilize the knowledge and inspiration from Japan today in your Danish interior design company?
Many people ask if I do Japanese style because I a close relation with Japan. Of course, I believe having spent many years in Japan has had a big influence on me but would not say I do Japanese design. I am fascinated by the materials, the textures, and aiming for simplicity. I believe there are some visible influences but in the end, I merely do my own design.

As an example, I am currently designing different hotel products for a budget hotel chain, Zleep Hotels. When we design for them, I always go for a no-nonsense style – all items should have a function and we should use only a few materials. In this regard, I definitely have had some inspiration from Japan.

How interested are the Japanese in Danish design and architecture?
I don’t know if Japanese people are more interested in Danish design, or the other way around. I might know more Danish designers who find inspiration in Japanese design. These days, there is a big boom in people wanting to move to or go to Japan. Designers and architects especially, but also people in general, have a very big interest in Japanese design.

I believe it is because it feels somehow very familiar, and at the same time very new – especially if you are here in the country. In many ways, the culture is different, but the design and expression are very easy to accept and comprehend for a Dane.

What do you think Danish designers/architects have to offer the Japanese market?
I feel the younger generation does really well in Japan, so I am also asking myself the same question (laughs). Since we have such a similar aesthetic way of thinking, I believe our different cultural backgrounds can bring a lot of inspiration both ways. For example, Denmark has until now had a long history of renovating and reusing buildings, whereas the Japanese have been tearing them down. Recently, however, some people in Japan have started to renovate old houses and see the beauty in them. Japanese people do well regarding these renovation projects, but I think the Danes can definitely assist in this matter.

What is your best advice for a danish designer who wants to work in Japan?
You need to make many connections, as it is difficult to just to jump in and start to work. As with any other country, if you speak the language, you are one step ahead, but crucially, I think you need to develop your network.

I would love to do more Japanese projects myself.