'

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展覧会@東京都現代美術館 / Olafur Eliasson Exhibition at MOT

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展覧会@東京都現代美術館 / Olafur Eliasson Exhibition at MOT

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

2020年6月9日(火)- 9月27日(日)

現在東京都現代美術館では、延期となっていたアイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの個展が開催されています。
本展覧会「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」は、日本で10年ぶりの大規模な個展です。

展示室の内外で展開される2つの大規模なインスタレーション、写真のシリーズ、公共空間への介入をめぐる作品など、本展のための新作をご紹介します。また、鑑賞者の目の前に虹を再現する初期の代表作《ビューティー》(1993年)をはじめとする体験型作品やインスタレーションが展示されています。

エリアソンは、アイスランドの自然を20年以上にわたり撮影し続けてきました。《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》(2019)は、過去20年間の氷河の大きな変化が目に見えるかたちで示されています。

誰もが「リトルサン」に蓄えられた太陽の光で自由にドローイングを描ける《サンライト・グラフィティ》(2012年)等の作品におけるソーラーエネルギーの利用、作品の輸送における二酸化炭素排出量の削減など、展覧会のさまざまな側面で環境に配慮しています。また、サステナブルな生分解性の新素材やリサイクルの技術に関するスタジオ・オラファー・エリアソンの近年のリサーチの一部が紹介されています。


基本情報

会期 2020年6月9日(火)- 9月27日(日)

会場 東京都現代美術館 企画展示室 地下2F

開館時間 10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)

休館日 月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日


《サンライト・グラフィティ》参加方法【整理券制】
オラファー・エリアソン展に出品されている《サンライト・グラフィティ》は参加型の作品です。1回の体験時間は約12分間、各回の定員は2名です。体験は【整理券制】となります。

■配布日時:各日午前10時より(先着順、無くなり次第終了)
■配布場所:企画展示室地下2F No.09《サンライト・グラフィティ》の展示室
※整理券は1名につき1枚ずつ配布します。配布当日に限り有効です。(オラファー・エリアソン展のチケットが必要です)
※今後の混雑状況によっては配布方法等が変更になる場合がございます。

詳しくは、東京都現代美術館のこちらのページをご覧ください。

Olafur Eliasson Exhibition at Museum of Contemporary Art Tokyo 9 June – 27 September

Olafur Eliasson’s solo exhibition at the Museum of Contemporary Art Tokyo is finally open. The Danish-Icelandic artist was supposed to be featured at MOT from March until June, but due to Covid-19, all museums in Tokyo have been closed during this period. Now, Eliasson’s works are ready for the public from 9 June – 27 September. MOT shares some highlights from the exhibit:

“For his solo exhibition at MOT, Eliasson presents several new works, including two major installations that are located inside and outside the museum, photographic series, and documentation from several of Eliasson’s interventions in public space. The exhibition features several experiential artworks and installations, such as Eliasson’s key early work “Beauty” (1993).

Eliasson has photographed the Icelandic landscape for more than two decades. “The glacier melt series 1999/2019” (2019) is irrefutable proof of the changes in Iceland’s glacier ice masses over the last 20 years.

From the use of solar-powered lights to his efforts to reduce carbon dioxide emissions from the transportation of artworks, Eliasson addresses in this exhibition the urgent need to act on the global climate crisis. “Sunlight Graffiti” (2012) invites visitors to create drawings with sunlight stored in Eliasson’s Little Sun solar-powered lamps. The activities of Studio Olafur Eliasson are not limited to the production of artworks. They also encompass a variety of experiments carried out on a daily basis that tackle design and architectural questions as well as research into new materials. The exhibition will display the studio’s research into new sustainable and biodegradable materials and recycling techniques.”

Information

Period Sat. 9 June– Sun. 27 September, 2020Venue Museum of Contemporary Art Tokyo
Exhibition Gallery B2F

Opening Hours 10:00-18:00

Closed on Mondays (except 10 August, 21 September), 11 August, 23 September
How to participate in Sunlight graffiti
A reservation ticket is required to participate in Sunlight graffiti at “Olafur Eliasson: Sometimes the river is the bridge”. The tickets are distributed in the exhibition space of Sunlight graffiti at B2F gallery from 10:00am every day.(except closed days)
* The ticket is valid for one person only, for the day of issue only.
* We stop distributing the tickets as soon as the number of participants reaches the limit.

 

Read more about the exhibition in English here.