NEWS Archive HOME > NEWS


トヨタのウーブンシティプロジェクトの開始に伴い、2月23日に地鎮祭が行われました。建設予定地であるトヨタ自動車東日本株式会社 東富士工場(静岡県裾野市)は2020年12月に53年の歴史に幕を閉じました。 一年ほど前、豊田章男社長は「未来都市」のプロトタイプを建設する計画を発表しました。トヨタによるプレスリリースでは、「人々が生活を送るリアルな環境」のもと、働き、遊ぶことができる場所を作ることがウーブンシティのビジョンであると強調しています。この都市はあくまでも「人間中心」で「進化し続ける」ことを意図しており、言い換えれば生きた実験室と呼べます。 この新たな未来都市のために、世界中の研究者、エンジニア、科学者が一堂に会し、人工知能(AI)、ロボット工学、自動運転車、スマートホームなどを創造、テスト、また開発できるコミュニティを促進します。これらの技術は、国連による持続可能な開発目標(SDGs)の達成するために役立つ新しいテクノロジーです。ウーブンシティはすべてが繋がっているエコシステムとして機能し、約2,000人の居住者と家がフルタイムで稼働するため、テクノロジーのテストと開発を効率的かつ迅速に行うことができます。 未来都市のデザインは、世界的に有名なデンマークの建築事務所ビャルケ・イ...
0 イベント&
ニュース
No Category & No Location
0 イベント&
ニュース
No Category & No Location
0 イベント&
ニュース
No Category & No Location
オラファー・エリアソン ときに川は橋となる 2020年6月9日(火)- 9月27日(日) 現在東京都現代美術館では、延期となっていたアイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの個展が開催されています。 本展覧会「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」は、日本で10年ぶりの大規模な個展です。 アトリウムの吹き抜けの空間での大規模なインスタレーションや、写真のシリーズ、公共空間への介入をめぐる作品など、本展のための新作をご紹介します。また、鑑賞者の目の前に虹を再現する初期の代表作《ビューティー》(1993年)をはじめとする体験型作品やインスタレーションが展示されています。 エリアソンは、アイスランドの自然を20年以上にわたり撮影し続けてきました。《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》(2019)は、過去20年間の氷河の大きな変化が目に見えるかたちで示されています。 「リトルサン」に蓄えられた太陽の光で自由にドローイングを描ける《サンライト・グラフィティ》(2012年)等の作品におけるソーラーエネルギーの利用、作品の輸送における二酸化炭素排出量の削減など、展覧会のさまざまな側面で環境に配慮しています。また、サステナブルな生分解性の新素材やリサイクルの技術に関...
0 イベント&
ニュース
No Category & No Location
0 イベント&
ニュース
No Category & No Location
0 イベント&
ニュース
No Category & No Location